広島の歯科アプリケーション・システム開発・管理|株式会社エクセルシオ

効率的かつ効果的なシステムをご提案致します。

エクセルシオへのお問い合わせは 082-568-8161 へ
資料請求はこちら
株式会社エクセルシオ
株式会社 エクセルシオ
〒732-0811
広島市南区段原3丁目5-1
イデアスペース1F
TEL:(082)568-8161(代)
FAX:(082)568-8163
Googleサイト内検索

えくせるしお茶屋

    こちらでは、弊社製品に関する紹介や何でもない雑談話など、様々な事柄を記事にしています。    

医療とマイナンバー制度

2015/07/28
こんにちわ!今日もおなじみの石もんです。

各地で猛暑による被害や台風による被害など悲しいニュースが流れておりますが、皆様に於かれましてはご機嫌如何でしょうか?

今回も前回に引き続き、マイナンバー制度について触れてみたいと思います。

そもそも、私がなぜ「マイナンバー制度」について調べているかというと、この「マイナンバー制度」が医療分野においても導入を検討しているからなのです。

色々調べていると、こんな記事を見つけましたのでご紹介します。
2015年5月30日の日経新聞(WEB上)

政府はカルテや診療報酬明細(レセプト)などの医療情報に番号制度を導入する方針を正式に決めた。税と社会保障の共通番号(マイナンバー)のシステムと医療関連のシステムを連動させる仕組みを、2018年度から段階導入。医者らが個人の診療結果や処方薬の情報を共有できるようにして、二重の投薬や検査を避ける。戸籍や旅券、自動車登録などにも共通番号を幅広く活用して国民の利便性を高める方針を確認した。

カルテ及びレセプトもマイナンバー制度つかうの!?
まぁ、制度の概要をみたときにはそんな気がしてましたけどね。
政府が言うには
「カルテ情報とマイナンバー制度を紐付け、医療情報の連携を行うことで国民の利便性を図る」
要するにどこの病院で治療を受けても、その患者さんの治療履歴を参照できるようにするということですね。確かに便利です。便利ですが恐ろしいですね。
何が恐ろしいかって、導入までの費用面です。

この医療情報の連携を行うには、「電子カルテ」であるのが前提条件となります。
一体、全国の病院・診療所等の何%が電子カルテを使用しているのか。
2011年度の調査によると「全国400床以上の一般病院の57%が電子カルテ」を使用しているみたいです。
2020年度には90%を目標に予算を組むみたいですが、いくら掛けるんでしょうね・・・。

また、別の目的として「重複した検査、重複した薬の処方を防ぐ」といったものもあります。これは私どもにとっては有り難いと思います。同じ検査を受けなくても良い、同じ薬の処方は受けなくていいというのは利点しかなさそうですが、政府にとって大事なのはそこではありません。
同じ日経新聞に載っていますが、
「二重投薬を防ぐと1兆円規模の医療費が削減できるとの試算がある」
ってマジですか!?
何をどうしたらそんなことになるんでしょう。
どこかで目にした「生活保護を受けている方が、同じ薬をいろんな病院から処方してもらって、余った薬を路上で売っている」ってニュースと結びつくんでしょうね。
税金から出てるんだから、しっかり管理して下さいよ・・・。

長くなっちゃったので、今日はこの辺で。
また次回にでも「医療とマイナンバー制度」について触れていきたいと思います。
ご清聴、ありがとうございました。


マイナンバー制度って何?

2015/07/13
こんにちわ!お久しぶりの石もんです。
7月に入ったというのに梅雨明け宣言もなく、じめじめとした毎日に辟易していますが皆様は如何でしょうか?

さて、今回話題に挙げるのは・・・

「我が子の成長具合!」
首もすわり、コロコロと寝返りをし、布団から落ちては奇声を発する。
1日見てても飽きないですよ!

って違いますね。親馬鹿ですいません。

気を取り直して、今回は「マイナンバー制度」について触れてみたいと思います。

ほとんどの方は既にご存知だと思いますが、「なんだそれ?聞いたことねぇよ!」って方のためにざっくりと説明すると

マイナンバー制度 = 国民総背番号制度

ですね。各個人に対して12桁の番号を配布し、番号が分かれば個人情報が取得できるという便利かつ恐ろしい制度です。

これについては、賛否両論あると思いますが既に決定事項であるため、2015年10月に番号配布、2016年1月から使用開始となっています。

個人情報が取得できるといっても、簡単に取得できるわけではないのでご安心下さい。しかし、番号が他人に知られてしまうと大問題に発展しかねないので、マイナンバーの管理には注意が必要ですね。
もし、他人に知られてしまった場合には「マイナンバーの再発行」により、番号変更してもらえるそうなので安心です。

安心安心と言ってきましたが、情報漏洩には本当に気をつけて頂きたいですよね。様々なところで情報漏洩に対する謝罪会見などを目にしますが、漏洩に対する予防策、責任の所在、漏洩した場合の対応策は協議に協議を重ねて頂きたいものです。

どんなに強固な鍵を付けても、人が作ったものは人に壊されるのが世の常ですから。

今回はざっくりと「マイナンバー制度」に触れてみました。
次回は、「医療とマイナンバー制度」について触れてみたいと思います。
ご清聴、ありがとうございました。


公費負担医療 No2

2015/06/26 15:23:48
難病法に基づく医療費助成(法別番号54)について

当初予定ではなかったのですが、難病法に基づく医療費助成に関して「歯科では給付対象外」とか「歯科で対象の患者は殆どいない」と思われている先生もまだおられるようですので、改めて投稿します。(2月24日に関連記事有

難病法が施行される以前は特定疾患治療研究事業(法別番号51)の56種の疾患を医療助成の対象としていましたが、難病法では施行時で 110の疾患(前述の56種を含む)を対象としており、今後は更に約300疾患まで拡大される予定です。

難病法の医療費助成は、都道府県に申請を行い指定を受けた医療機関による治療を対象にするとしていますので、指定を受けていない医療機関は医療費助成の請求(公費請求)は行えませんし、指定医療機関以外を受診した患者さんに対する償還払いもありません。
尚、指定医療機関は6年毎に更新するとされているようです。

助成となる医療の対象は「指定難病及び当該指定難病に付随して発生する傷病に関する医療」とされています。

歯科においても、受給者証に記載されている疾患に関連性のない治療行為は助成の対象外(公費請求不可)ですが、疾患の治療及び疾患に関連性のある治療行為であれば助成の対象(公費請求可)となりますので、その分患者さんの窓口負担額は少なくなります。
例えば、パーキンソン病の患者さんでむし歯の治療を行ったとして、歯科医師がパーキンソンに関連して発症したむし歯と診断すれば助成の対象となりますし、無関係と診断すれば助成の対象外となります。

今後、医療助成の対象疾患が増えれば医療助成の対象患者さんも増える事となりますが、今までの公費51(特定疾患)での医療助成を行ったこともなく指定医療機関の申請を行っていない医院さんに於いては、拡大分も含めてた対象疾患を考慮して今後どうするか検討する必要もあるのかもしれません。
(例えばシェーグレン症候群は歯科では口腔乾燥対する治療で唾液分泌の促進やむし歯予防などが対象)

ちなみにExSys21(エクセルシオのレセコン)では、疾患の対象治療か否かを算定処置ごとに設定できますので、電子レセプト請求等も問題なく行えます。

難病法にかかわる情報は難病情報センターへどうぞ

公費負担医療 No1

2015/06/16 18:09:41
話題に事欠いているので、公費負担医療制度に関してシリーズ化して掲載しようと思います。
少々堅い話が続きますがご勘弁ください。

「公費負担医療制度」とは

公費負担医療は、我が日本国の医療保障制度の大きな柱の一つです。
(他に、「医療保険制度」「後期高齢者医療制度」「労災保険制度」「介護保険制度」があります。)
公費負担医療制度とは
・社会的弱者の援助や救済
・障害者の福祉
・健康被害に対する補償
・公衆衛生の向上
・難病や慢性疾患の治療研究や扶助
等を目的とした、様々な法律に基づいて特定の人を対象として国や自治体が医療費の全部または一部を公費で負担する制度とされています。

公費負担医療制度を大別する。

公費負担医療制度は大まかに
・国の法律に基づく公費負担制度
・地方自治体の条例に基づく公費負担制度
の2つに大別されます。
このブログでは、今後は前者を便宜上「国の公費」、後者を「地方自治体の公費」として表記します。
地方自治体の公費を「地方単独事業公費」とか「地方単独医療費助成制度」とか称する場合もあり、略して「地単」と称する事もあります。
また「県制度の公費」とか称する医院様もあります。
国の公費に比べ、地方自治体の公費は様々な呼び方がありますので混乱してしまいますね。

ちなみに私たちは社内などでは「地単」と称する事が多いです。

次回は「国の公費」に関して投稿したいと思います。

春眠暁を覚えず

2015/04/13 13:51:47
どうも!毎度の石もんです。

春ですね〜。桜は満開を迎え、入学・入社した人達が新生活に胸を膨らませて歩いています。

一方、新米パパの私は・・・・・・眠いです・・・。
「春眠、暁を覚えず」なんて言葉がありますが、このままいくと夏眠、秋眠と暁を覚えなさそうです。

これは、最近増えた家族のお陰ですね!(あくまでもお陰です)
子どもが生まれるまでは、「隣でTV見られてもへっちゃら、地震も火事もなんのその」といった感じで一切起きることはありませんでした。

現在では、子どもの小さな泣き声にも反応してしまいます。
自分の変化にびっくりですね。目覚まし時計なんてのも全く必要ないです。

なんせ、夜に2〜3回は起きますので!

トイレに行きたいわけではないですよ〜、まだまだ若いので(笑
時間を選ばず赤ちゃんは泣きますし、少しでも泣けばオヤジが起きる。
こんなことをしてると、夏眠も秋眠も暁を覚えないオヤジの出来上がりです。
妻としては修羅場なような気もしますが(笑

遅くなりましたが、入学・入社をされた方、本当におめでとう御座います。
私もいつかは、自分の子どもの入学・入社を祝うようになるんですよ。
今から成長が楽しみです。

それでは、また。




Page 1 / 8