広島の歯科アプリケーション・システム開発・管理|株式会社エクセルシオ

効率的かつ効果的なシステムをご提案致します。

エクセルシオへのお問い合わせは 082-568-8161 へ
資料請求はこちら
株式会社エクセルシオ
株式会社 エクセルシオ
〒732-0811
広島市南区段原3丁目5-1
イデアスペース1F
TEL:(082)568-8161(代)
FAX:(082)568-8163
Googleサイト内検索

えくせるしお茶屋

    こちらでは、弊社製品に関する紹介や何でもない雑談話など、様々な事柄を記事にしています。    

ただの三十路から三十路新米パパに!

2015/03/24
こんにちわ!
遂に新米パパへと進化をした石もんです。

進化と聞くと、ある方面の方から「BBBBBBBB・・・」とコメントを頂きそうですが、キッチリと進化しました。(コアなネタですいません・・・。)

私は結構サッパリとした性格だと思っていましたので、親バカとは程遠い所にいると思ってたんですが、自分の子どもとなると全く違いますね。

ええ、かなりの親バカになってしまいました。

自分で言うのも恥ずかしいですが、やはり「ウチの子はチガウ!」と思ってしまいます。
泣けば「すごい!」し、動けば「偉い!」
多方面の才能が見え隠れしているようなそんな気分になります。
まぁ、トンビが鷹を生むことはないんですけどね(笑

まだ生まれたばかりなので、妻は入院中です。
欠かせないですよね〜、病院への日参!
仕事で疲れていても、苦にはなりません!
問題は時間・・・。現在の病院はお見舞いは午後8時までなんです。

一度、看護師さんに聞いてみました。
「妻の様子を見に来るのは、お見舞いに入りますか?付き添いにはならないですか?」
バッサリと一言ですね。

「なりません!」

オトウサン カナシイ・・・・世知辛い世の中ですよ(笑。

ともかく、今月末には妻ともども帰ってくる予定ですので、楽しみで仕方ないですね。

夜泣きの日々が始まるぞ・・・と怖い言葉を頂きつつ、Xデーを楽しみにしております。

次回、「睡眠不足なオヤジ」をお送りします(笑
それでは、また。


4月は金属の点数が改定されますよ!

2015/03/09
こんにちわ!
まだ父親になっていない石もんです。
ハヤクデテコーイ。オトウサン マッテルゾーー。

そんな雑事はさておき、来月4月から歯科用貴金属のパラの点数が変更されますね。
正確な点数などの発表はもう少し後ではありますが、今月末までには対応致しますのでよろしくお願いします。

結構ギリギリまで発表が無いので、焦りますよ〜。
2月中とかに点数発表があれば、作業もかなり余裕をもってできるのに・・・。
関係各所の方、是非とも宜しくお願いします!!!

さて、この度の随時改定ですが、なぜ点数が変わるかご存知ですか?
まだこのブログで取り上げたことはなかったので、さらっとお話していきたいと思います。

なぜ点数の変更が行われるのか?
これは、金属の価格に変動があり、歯科用貴金属価格の素材価格に変動があるからなんです。
しかし、ちょっと変わっただけで点数を変更していると、月単位で点数が違うなんてことになってしまいます。
ですので、基本的には4月と10月(6ヶ月毎)の時点で、前回価格から一定範囲の変動を超えていると、点数変更を行うことになります。

ちなみに、一定範囲の変動とは、
「歯科用貴金属価格の素材(金、パラジウム、銀)価格の変動幅がその時点の告示価格の±5%を超えた場合」
と決められています。

なので、4月と10月に必ずあるものではなく、4月・10月の時点で前回の価格と比較し、変動が±5%以内であれば点数改定は行われません。

また、途中の変動は考慮されないみたいですので、急激な価格変動は勘弁して頂きたいですね。

それでは、今日はこの辺で。
次回までには新米パパになっているはずです!
乞うご期待!(笑

占いって・・・・。

2015/02/26
こんにちわ!今日も今日とて石もんです。
私事ではありますが・・・・・もう少しで・・・・

子どもが生まれます!

私は男なので、私が生む訳ではありませんが(笑

家族が増えるとなると、考えなくてはいけないことも色々とあるわけで。
一番ムヅカシイのが名前ですね。

妊娠が分かった時から今まで、悩み続けています。
漢字の画数、苗字とのバランス・・・・・考えれば考えるほどドツボにハマリます。

ある人に相談してみてると、「画数占いの本を買え!」と言われました。
書店でいろいろ探してみると、かなりの冊数があるんですね。

まずは立ち読み!(書店の店員さん、ごめんなさいm(__)m)
パラパラと捲っていき、自分の考えた候補で調べてみると
「バランスが良くないです」とか「こちらの文字はいかがでしょうか?」などと書いてありました。

「ダメか〜。漢字変えるか、全て変えるか・・・」と他の本を読んでみると

「素晴らしいです」とかそんなことが書いてある・・・・・。

マジデスカ!?本によって結果違うの!?

さすが占いって感じですね。昔、占いに興味を持って占い師のところに行ったことを思い出します。

 ● あなたは長男ですね?      ・・・ いいえ、次男です。
 ● かなり苦労されていますね〜   ・・・ のほほ〜んと生きてきましたよ
 ● 現在、人間関係で悩まれてますね ・・・ 基本ボッチなんで

とチグハグな話をして頂きました。笑いを堪えるのに必死でしたよ・・・。
と、それ以来占いは全く信じていないですが、今回もそんな感じですね。

名前の漢字・由来などを考慮し、占いは見なかったことにして考えたいと思います。
子どもの為に、立派な名前を用意してやる!

ご清聴有難うございました。

公費54の限度額管理票とは

2015/02/04
こんにちわ、今日も風邪気味の石もんです。
年齢のせいなのか体調が戻りにくく、情けない限りです。

さて、今回は前回の続きとして新設された公費54の限度額管理票についてお話していきたいと思います。

限度額管理票とは何なのか??
これは、対象の患者様が「どこで」・「いつ」・「いくら支払った」のかが記載されている用紙となっています。

公費54の限度額は受診した総医療機関での限度額となっているため、累計自己負担額が分からなければ、いくら負担額を徴収していいのかわかりませんよね。

こんな感じの表が配布されているようです。
小さくて見づらい?
ごめんなさい。大きな画像が用意出来ませんでした・・・。
Google先生で画像検索してみると、見えやすいものも検索されますので試して見てください。(ブログに載せるには著作権うんぬんかんぬんが・・・・。)

こちらの表に日付・医療機関名・徴収額・累計負担額が記載されています。
この累計負担額と当日の自己負担額を見比べて、徴収額を決定していくわけですね。

「なんだ、簡単じゃねぇか」
とのお言葉が聞こえてきそうですが、難しいのはこれからですよ!

公費54は特定疾患に使用できる公費です。・・・・お気づきでしょうか?
これって、地域単独事業の福祉の公費をもっている場合は両方の公費が同時に使用できることがあるのです。(実際に公費54と地域単独事業の福祉の公費を持参されたケースがありました。)

・公費54とその他の公費が同時に発生し、患者様からの徴収額は0でした
なんてこともあります。じゃあ、限度額管理票に記載する金額はいくらなんでしょうか?

ここまで書くと想像されている方も居られるでしょう。

はい、0円ではないんです。

この限度額管理票には「公費54」を使用した場合の徴収額を記載していきます。
ですから、その他の公費が給付する額に関しては「公費54」には関係のないことなので、公費54のみを考慮した負担額を記載しないといけません。

当日の総点数: 500点
 公費54 : 負担割合 2割  患者負担限度額:2,000円
その他の公費: 患者負担 無し

上記の場合で医療保険・公費54・その他公費の3者併用の場合、患者様の負担額は0円ですが、限度額管理表に記載する金額は500点×2割負担の1,000円となります。さらに、他の医療機関に受診済みで累計負担額に1,500円と記載がある場合、限度額ー累計負担額の500円を記載することになります。

いかがでしょうか。これはあくまでも事例の一つなので、もっと複雑なケースも有ると思います。

この負担金額は、レセプト請求時にも公費一部負担額として記載が必要となりますので、公費54に関して不明な点がある場合は即座に関係機関にお問い合わせされることをオススメします。

長くなりましたが、今回はこの辺で。


新しい公費ができました。

2015/01/19
こんにちわ、毎度おなじみの石もんです。

平成27年1月から、新しい公費が仲間入りしました。
法別番号54 難病法に関わる医療費制度というものでして、なかなかに難しい公費となっております。

注意点として、
  1.届け出をされている医療機関のみで使用できる公費
  2.対象の病名にしか使用できない。
  3.重要!! 医療費の上限が受診された総医療機関での限度額
以上の3点が挙げられます。

特に注意しなければいけないのが3番目の限度額に関することですね。

通常の公費であれば、一医療機関での限度額となるのですが、この公費につきましては「受診された総医療機関での限度額」となっていることです。
上限額の記載が受給者証にはあるのですが、全てを自医療機関で受け取ることはできないんです。(当月の受診が自医療機関のみの場合は別ですが・・・。)

公費54を受けられている方には「限度額管理票」なるものが配布されていまして、その管理票に「どこで」、「いつ」、「いくら」支払いをされたかが記載されています。もちろん、自医療機関で支払いを受けた場合には、必ず管理票への記載が必要となります。

もし、公費54の届け出をされている医療機関様が居られましたら、扱いには十分注意をして頂きたいと思います。

管理票の記載については、注意点があるのですが、これについては次回に説明させて頂きます。

まだまだ冬まっただ中ということで寒い日が続いておりますが、体調の管理には特段の注意をしていきたいですね。

風邪気味の私が言う言葉ではないですが(笑