広島の歯科アプリケーション・システム開発・管理|株式会社エクセルシオ

効率的かつ効果的なシステムをご提案致します。

エクセルシオへのお問い合わせは 082-568-8161 へ
資料請求はこちら
株式会社エクセルシオ
株式会社 エクセルシオ
〒732-0811
広島市南区段原3丁目5-1
イデアスペース1F
TEL:(082)568-8161(代)
FAX:(082)568-8163
Googleサイト内検索

正確性×簡略化

レセコンで重要な部分が「如何に簡単に、如何に正確にカルテ入力を行えるか」です。
歯事人では「より正確な」カルテ内容を「より簡単に」行えるよう、様々な支援機能を搭載しています。

直観的で入力が容易な画面構成

診療入力画面は「カルテ表示部分」と画面の左サイドに「治療部位や診療候補表示を一元表示」する事で見易く直観的に操作が行えるように設計しています。
補助入力画面も必要に応じて自動で小フォーム(子ウィンドウ)がカルテ表示部上に表示されますので、カルテ表示画面と部位入力画面や診療行為選択画面が常に切り替わる他社製品に比べ、心理的な視認性も向上しストレスなく操作が可能です。

診療行為を予測して候補表示するナビ機能

歯事人のナビ機能は独自のチェック機能を搭載し、過去の治療歴から診療行為を予測して候補表示を行います。
過去に確定(登録)された診療行為を訂正しても、正確に診療行為を予測する事も可能です。
ナビ機能によりカルテ入力を簡略化しミスの無い正確なカルテ入力を支援します。
また、ナビ機能は先生の治療方針等に合わせてオリジナル設定も可能です。

SOAPやカルテ記載要項に準拠 コメント入力支援機能

算定された処置に従って必要なカルテ記載コメントを自動で入力・候補表示しますので、クリック操作のみで患者様の状態や治療内容に基づいた適切なカルテ記載コメントの入力が可能です。事前に多くのカルテコメントが登録済みで、更に医院に合わせて自由にカルテコメントマスターの追加や変更が行えます。

カルテコメントは自動候補表示や補完機能以外で、任意に作成する事も可能です。
また、入力したカルテコメントの文章内容も簡単に編集する事ができますので、実態に合わせた正確なカルテ記載に役立ちます。

算定漏れ防止と正確な入力を支援するチェック機能

診療行為の算定時点や登録時に診療入力内容に関してチェックしますので、万一の入力ミスや算定漏れなどの防止に役立ちます。
更に、レセプト作業前に一括して診療内容をチェックし、エラーや確認事項があればリスト印刷されます。

訪問診療入力支援機能

訪問診療の入力時には、訪問時間等の入力で訪問診療料や必要な摘要文を自動入力します。
また、訪問先や訪問理由も患者個別に保持する事で摘要コメントを自動表示しますので、月が替わって再度訪問先や訪問理由を入力する必要もありません。

治療に必要な口腔内の情報を管理及び表示しています

患者さんの欠損部位や生活歯、失活歯の情報が一目でわかる歯牙情報を常に表示していますので、患者さんによっては解りづらい残存歯状況も即座に把握できます。
また、クラウン・ブリッジ維持管理に欠かせない「何の補綴物を何時セットしたか」や「義歯の新製日」等を含めた歯冠修復と補綴情報が一度に確認出来る補綴管理画面を用意していますので、何時でも即座に確認が行えます。
更には、歯周病の治療経過、例えば「前回、どこまでスケーリングを行ったかな?」「どこの部位をSRPなどしてたかな?」等、カルテ履歴を見返す事無く画面で確認出来ます。

複雑化・多様化する公費に対応 

事前に公費の登録を行っておくだけで、公費に対する上限額や公費の優先順位などを自動で判定・計算しますので、複雑な公費を調べることことなく会計を行うことが可能です。また、入力された病名や処置に対して、公費の有効・無効を設定することができますので、多様化する公費にも対応可能です。

見慣れたレセプトで即座にプレビュー

入力を行っている際や、カルテ内容のチェックをしている際に「レセプトはどんな感じになるかな」と気になることがありませんか?
歯事人では、入力画面からボタン一つでレセプトプレビューを表示させることが出来ますので、いつでも確認することができます。

過去の治療履歴も即座に一発表示

「このFMC何時セットしたっけ?」とか「前回は何やったかな?」など、毎日のカルテを見返すのは大変。
歯事人では、過去の治療履歴をその場で遡って見ることが出来ますので、カルテを見返す必要はありません。
また、部位を指定することでその部位に関連したカルテ履歴のみを表示することも出来ますので、指定部位の治療履歴も即座に把握することが出来ます。

Br支台補完機能と設計チェック機能

欠損歯を指定する事で必要な支台歯を補完したり、Br設計の内容をチェックしたりする事が可能です。
また、Brをチェックせず入力しても設計に不備や確認を要する場合には、自動で確認メッセージを表示しますのでBrの請求ミスを防止する事に役立ちます。

歯科用語辞書搭載

歯科用語に関する辞書を登録済なので、カルテコメント入力時やマスター編集時などでも適切な漢字変換が可能です。

この他にも、様々な入力支援機能を搭載!

歯事人のカルテ入力では「診療行為に合わせた投薬一括入力機能」「次回の診療予定入力機能」「患者重要情報表示機能」「増歯時などの病名内部位自動補完機能」「義歯病名部位に役立つ部位反転機能」「欠損歯の一括歯牙情報反映機能」等々、先生方(ユーザー様)のご意見を基に機能追加や強化した紹介しきれない様々な入力支援機能があります。
エクセルシオは先生方(ユーザー様)のお声を歯事人の製品開発(改善や機能追加)に生かし、既存ユーザー様に無償でソフトの配布(アップデート)を行っております。